治らない乾燥肌は「夏」の保湿不足のせいだった!

実は、冬より夏のほうが肌は乾燥しやすい。

というのを知っていましたか?

乾燥肌といえば冬。

冬といえば乾燥。

というくらい、寒い時期に乾燥を強く感じます。

しかし、1年通して乾燥肌の人はずっと乾燥肌。冬だけ乾燥肌になるわけじゃありません。

そして乾燥肌になるかどうかを決めるのは、夏の間なんです。

普通は夏じゃなくて冬に乾燥肌になるのでは?

乾燥肌になるのは冬ではありませんよ。

冬は「乾燥を感じやすくなる」時期なだけです。

ダイエットだって、夏に痩せていて、冬になった途端に太ることはないでしょう。冬に太っている人は夏も太っていたはずです。

乾燥肌も同じです。冬に乾燥がひどくなる人は、間違いなく夏の時点で既に乾燥肌です。

乾燥肌かどうかは、肌水分量を保てなくなる保水力の低下が原因です。お肌のプールが小さくなる感じです。

夏は外気に湿気が多いため、肌水分量と湿気の差が小さいため、肌は乾燥を感じにくいんです。

だから乾燥肌の人も乾燥に気づいていないだけ。インナードライの人が本当は乾燥しているのに、皮脂が多いせいで気づかないのと同じです。

そして冬に保湿スキンケアしても、また夏の間に乾燥肌になり…という繰り返しです。

夏に保湿すれば冬は安心ってわけね!?

う~ん。ちょっと違うんですよね。

夏は肌が乾燥する(=肌水分維持能力)原因がてんこ盛りで、それにいくつ当てはまるかだけなんです。

以下の原因が少なければ、別に夏に保湿が必要ってわけじゃありません。

  • エアコン、クーラーの効いた部屋にいる時間が長い
  • 汗をよくかく
  • 紫外線に当たる時間が長い
  • 汗をタオルでよく拭く
  • 洗顔の回数、時間が長い
  • 日焼け止めを頻繁に塗る
  • ウォータープルーフのメイクをする(クレンジング)

これって夏独特、夏に増えることですよね?

みーんな肌の水分を奪い去り、肌を乾燥させる大きな原因です。正確には肌のセラミドが減ってしまう行為です。

冬でも乾燥しない人は、これら原因が少ないんです。

逆に冬の場合は、

  • エアコン、暖房の効いた部屋にいる時間が長い(ガス暖房は別)
  • 乾燥した寒い風に当たる時間が長い

これくらいなんです。

だから冬場に乾燥肌になる原因はほとんどありません。ただ乾燥を感じやすくなるだけです。

冬だから乾燥肌なのではなく、夏に乾燥肌の原因を作ったらから冬に乾燥肌だと感じる。既に夏の時点で乾燥肌になっていたって話です。

あ、ちなみに洗顔・クレンジングのやり過ぎは季節問わず乾燥原因ですよ。

汗もかくし、エアコンもよく当たる…じゃあどうすればいいの?

夏の暑い季節は、さっきに例示した乾燥原因は避けられません。

汗なんて止められないし、エアコンがないとバテちゃう…

さっきも書きましたが、こういった夏独特の乾燥原因は、肌のセラミドを奪ってしまうということ。これが全て。

なので、夏の間は特にセラミドを増やす、そして減らさないケアをすれば、ビックリするくらい秋冬、そして春の乾燥がなくなります。

いくら冬に保湿ケアを頑張っても乾燥肌が治らない人は、夏の保湿で「あれ?」という冬を迎えることができます。

でも夏に保湿って汗かくし気持ち悪いよ…

年中保湿が必要なんて聞いたことあっても、夏に保湿って無理でしょ?と思わないでしょうか?

それって夏に不向きな保湿をしているから当然なんですよね。

何度も書いているように、乾燥肌の原因は肌のセラミド不足です。セラミド量が戻らない限り乾燥肌は治りません。

冬の保湿の場合、乾燥しない感じを求めますよね?潤いが続くとか。それってセラミドが増えているのではなくて、肌に潤い成分が残っていて、肌水分量と外気の湿気の差が小さくなっただけです。つまり乾燥肌原因は何にも改善されていません。

そしてそのような保湿化粧品ほど、ベタッとして肌表面に皮膜を残してしまいます。ヒアルロン酸もそう。あれは夏向きじゃないですし、直接セラミドを増やすこともないです(間接的には増やせますが)。

でもセラミドを増やすことを意識すれば、自然と夏でも快適につけられる保湿化粧品を選ぶことになります。もちろん冬の間も使えます。

夏に使えるセラミドを増やす基礎化粧品ってどんなの?

セラミドは唯一、肌に直接、一番効果的な場所に浸透させられる保湿成分です。

なので、セラミドが配合された基礎化粧品が一番即効性があります。

続いてライスパワーエキスNo.11です。お米の発酵エキスから作られたこの成分。なんと肌の中でセラミドを増やす作用があります。医薬部外品として国に認められているほどです。

でもなんでセラミドは季節問わず快適なの?

なぜセラミドが夏でも快適かというと、肌の上に乗っからないからなんです。

肌の上に乗っかる保湿成分は、毛穴を塞いでしまうため、汗や皮脂の行き場を邪魔しがち。夏場に使うとニキビの元になります。

ヒアルロン酸は強力な保湿力がありますが、肌の上にピーンとした潤いバリア膜を作るからです。ただ肌の上に乗っかっているため、ベタッとするし、見た目もテカったり、汗で雑菌が増えてかゆくなったり、ニキビが増えやすくなります。

でもセラミドは角質層の中に浸透。肌表面に残らないため、肌触りがサラッと仕上がります。さらに肌の中から保水力をあげるため、特に翌朝なんかがモチモチ!とした肌触りになります。

それに、肌表面に残らない分、外気に触れる面積が少なくなるため、水分が蒸発しにくくなります。セラミド自体が湿度0%でも水分を維持し続けるので、とても快適に、かつ強力に保湿できることが分かりますよね。

いくら保湿しても汗かいたら流れない?

そのとおりですね。

汗は夏の大きな乾燥原因。冬の乾燥肌を作ってしまいます。

ただこれもセラミドなら被害は最小限です。

汗は顔の表面を流れます。しかしセラミドは肌の内部(角質層)の中にあります。肌表面に残るヒアルロン酸など、その他植物性潤いエキスに比べて、汗に流されにくい特徴があります。

そのため夜の保湿スキンケア一度で、朝保湿しなくても日中、夕方ずっと肌を守ってくれます。

じゃあセラミド基礎化粧品だったら何でもO.K.ね?

だいたいO.K.なのですが、注意点が必要です。

まずライスパワーエキスNo.11の場合は、ライスパワーエキスNo.11の記載があればほぼ間違いありません。ライスパワーエキスNo.11にまがい物はないためです。

しかし、セラミド配合基礎化粧品の場合は別です。

セラミドにはいくつか種類があり、

大きく分けてこの3つです。

間違いないのは人型セラミドです。続いて天然セラミド。

擬似セラミドはごくごく一部のものは人型と変わらない機能を発揮しますが、普通は避けるべきタイプです。

それと、ライスパワーエキスNo.11と違って、ただ単にセラミド配合をアピールしているだけで、含まれている量がちょっとだけというブランドもあります。これは最後に紹介している参考コスメを基準にしてください。

結局、セラミド配合とライスパワーエキスNo.11どっちがいい?

ライスパワーエキスNo.11向きな人

こういった人ならライスパワーエキスNo.11の基礎化粧品が使いやすいです。

  • 夏に保湿なんて気持ち悪い
  • 暑がり
  • 皮脂がすごい多い
  • さっぱりさせたい
  • 夏に乾燥を強く感じるほどではない
  • 敏感肌ではない

ライスパワーエキスは安定配合のために、だいたいエタノールが入っており(一部は入っていない)、さっぱりした使い心地になっています。

セラミド配合は、セラミド自身が脂質性を帯びているため、多く配合するために油分をそれなりに使う必要があります。その点ライスパワーエキスNo.11のほうが油分をあまり使わなくていいため、どれもベタつかずサラッと仕上がるテクスチャーになっています。

ただその反面、エタノールに肌が反応して合わない人もいます。このあたりはトライアル等でしっかり確かめるべきです。しかし、ライスパワーエキスNo.11の作用が優れているため、余計な成分があれこれ入っていない安心感がありますね。

セラミド配合向きな人

逆にセラミド配合のほうが使いやすい人は、

  • しっかり保湿して冬に備えたい
  • 皮脂量は控えめ
  • 敏感肌で肌が弱い
  • 夏でも乾燥を感じることがある
  • スキンケアは主に夜
  • エタノール配合で荒れたことがある

といった人です。

セラミド配合をベースにした基礎化粧品は、ちゃんとしたものを選べば、肌への刺激をよく考えた基礎化粧品が多いです。

セラミドを採用する、中心にするということは、肌の乾燥の仕組みについて理解しているということ。つまり潤い感でごまかす保湿化粧品ではないということで、同時にそれを台無しにする刺激にも気を使っているからです。

だから敏感肌専門ブランドはセラミドを採用していることがとても多いのです。

ただ、セラミド量が多いと若干テクスチャーが重めになるため、夏場に使う場合はすき好みが分かれますね。

人型(天然型)セラミド配合基礎化粧品

ライスパワーエキスNo.11基礎化粧品